家族葬で故人の最期を大切にしよう|セレモニーは心を込める

合掌する男性

今注目されている方法

お葬式

一般的に火葬が終わった後はお墓に骨を入れますが、金銭的負担がある方にとって大変です。そんな方にマッチするのが散骨です。散骨をすることでお墓を準備する必要がないため、金銭的負担を避けたい方に最適です。また、宗教に縛られたくない方からも需要が高まっています。
このように散骨は様々な方から必要とされていますので、今後のために考えていた方が良いでしょう。

散骨は専門会社によって価格や骨を撒く場所が異なるため、そちらを優先的に確認しましょう。まず、価格は5万円台となっており、追加料金がないところが殆どです。お墓を作るより低料金ですので、親族と出し合うことで更に負担の軽減となるでしょう。
場所は基本的に海が多く、10つ程の海域から選べるようになっています。思い出がある海や一度訪れてみたかった場所に散骨をすると故人は喜んでくれるでしょう。全国にある10の海域が対象となっているため、ご自宅から近いところでも可能です。

終わった後には散骨シーンをまとめたアルバムを頂けます。お墓がない分、アルバムがあることでしっかりとその時のシーンを心に刻めるのです。表紙は散骨証明書となっており、日付や位置情報などが記載されています。
散骨をしようと検討している場合はまず、遺骨を専門会社に預けます。そして、粉骨をしてもらい水に溶ける特殊な袋の中に粉骨を詰めます。そして、散骨をするのです。同時に献花や献酒、黙祷などをすることも可能です。以前まではお墓を建てることが一般的でしたが、近年は減少の傾向にあります。その変わりにこちらの方法が話題となってきているのです。